キーワード検索
どんな害虫にお困りですか?
害虫の種別の説明
節足動物門 昆虫綱 コウチュウ目 オサゾウムシ科 Rhynchophoridae
コクゾウムシ Sitophilus zeamais Motschulsky

コクゾウムシ(成虫)

この害虫が属する群
この害虫のグループ
害虫のカテゴリ
食品害虫、混入異物、不快害虫
形態
 成虫は体長2〜3mmで、赤褐色から黒褐色。
コクゾウムシはココクゾウムシと形態的に酷似するが、鞘翅斑紋が大型で、輪郭が不明瞭であることが多い。また、コクゾウムシでは触角第3節の長さが幅よりも長く(ココクゾウムシは幅とほぼ等しい)、小楯板(上翅の付け根部分)がココクゾウムシより横長で、前胸背が前方に向かってより強く狭まる点などが異なる。卵は鶏卵型で長径0.5mm内外、幼虫は体長約2mmに達し、乳白色で卵型、脚は退化している。
分布
 全世界に分布し、日本でも全国に分布する。ココクゾウムシよりも多い。
被害
 コメ、ムギ、トウモロコシの世界的に有名な害虫で、成虫、幼虫ともに穀類を加害する。特に貯蔵米に対しては最も重要な害虫である。
生態
 コメ、ムギ、トウモロコシなどの穀粒を食害するが、玄米を最も好む。野外に近い環境条件では、3月下旬〜10月下旬に出現し、年に4回発生し、秋になって気温が15〜16℃に下がると成虫が周辺の石や木片の下に潜って越冬する。春に野外の花上で吸蜜する成虫を見かけることもある。
 産卵数は約200卵で、成虫は口器で穀粒に穴を明け、その中に卵を1卵ずつ産み、孵化した幼虫は穀粒内で成育する。幼虫は穀紛で発育できない。生育期間は25℃条件下で卵〜成虫まで約1ヶ月を要し、成虫の寿命は100〜200日程度である。屋内で発生するものは一定の温度に保たれていることが多いため1年中見られる。25℃の温度条件で産卵されてから羽化まで約1カ月を要する。
 しかしこの虫が大量に発生すると、加害を受けた穀物は発熱現象を生じ、28〜29℃、時には38℃にも達することがある。この発熱現象によって、発育に要する期間が短縮され、冬期間にも幼虫は食害を継続するため、繁殖カは極めて大きなものとなる。成虫の寿命は25℃条件では平均4ヶ月にも及ぶ。
コクゾウムシ(成虫)
コクゾウムシ(幼虫)